Q1. 商品の原材料欄に書かれてあるグルテンって何ですか?
A1.
小麦粉のタンパク質のことです。小麦粉に水を加えてこねることにより、小麦粉特有の弾力性と粘着性を持ったグルテンが作られます。これを水の中で洗うと小麦粉のデンプン質が流れ出て水が白濁します。それを何度も水を取り替えながら洗うとプリプリしたゴム状のグルテンが得られます。
このグルテンに小麦粉を加えて焼いたものが焼き麩であり、グルテンの割合が大きいほどもちもちとした食感が得られます。
しかし、グルテンは固めのゴムのようなものなので、多くなればなるほど伸びにくく、作りにくいものです。伸ばし具合に気を付けないとブチブチとちぎれてしまいます。そのため、熟練職人の手作業であることが必要なのです。
A2.
最近は、みそ汁以外の使用もかなり増えております。すき焼きや精進料理、お年寄りや病気の方の食事、離乳食にも使用されています。
麩には植物性タンパク質や、人間の体内で合成できないため食品から摂取しなければならない必須アミノ酸が含まれています。この必須アミノ酸は子供の成長を促し、脳の発達を手助けする作用があります。
また、低カロリーで高タンパク、消化吸収されやすい麩は歯の弱い方でも食べやすく老人食には最適です。
A3.
いいえ。原料が違いますので、生麩を焼いても焼麩にはなりません。
生麩の原料はグルテンともち粉ですが、焼き麩の原料はグルテンと小麦粉です。
A4.
ほとんどが強力粉を使用しています。