A1.
生ゆばを乾燥させたものが乾燥ゆばであると理解していただければいいかと思います。ゆばを作る工程と栄養成分などにおいては特に違いはありません。
基本的に、ゆばは大豆と水から作られます。水につけておいた大豆をすりつぶし、おからを除いた豆乳を平鍋で12~13分温めると、表面に膜が張るので、それをすくい上げます。この時点からそれぞれ生ゆば、乾燥ゆばへと加工されます。
A2.
ゆばは大豆を原料としてつくられており、栄養価の高い食品です。
例えばタンパク質で見てみると、同量であれば水戻ししたゆばは豆腐の3~4倍もの含有量になります。
なお、弊社の平ゆばは乾燥状態で一枚が4g程度、水戻しすれば8g程度になります。