Q1. 炒め物にしたいのですがそのまま使えますか?
A1.
いいえ。普通のはるさめも緑豆はるさめも熱湯であらかじめ戻してから調理します。普通のはるさめは非常に戻りやすいので、戻しすぎに注意して下さい。戻しすぎると弾力がなくなり、歯ざわりがなくなってしまいますので1分半ほどゆでる程度で良いでしょう。緑豆はるさめは弾力がありコシが長持ちしますが、戻すのに多少時間がかかります。戻さずに調理すると芯が残りますので1分半から2分半ゆでるのが良いでしょう。
Q2. 一般のはるさめと緑豆はるさめとの違いってなに?
A2.
原料について言いますと、一般のはるさめは甘藷(さつまいも)でんぷんや馬鈴薯(じゃがいも)でんぷんから作られ、緑豆はるさめは緑豆という種類の豆のでんぷんから作られています。特徴としては、一般のはるさめは麺に無数の小さな気泡があるため湯通しが簡単で、すぐに調理でき、味がしみ込みやすく煮汁をたくさん含みます。一方、緑豆はるさめは麺そのものに弾力があり、コシが長持ちし、強く煮てもすぐには煮溶けません。